電池冷蔵庫

除雪のない世界に行きたい

自宅でIT受託やるなら開発環境どうする的な

 ただのメモ。

絶対に必要なもの

 基本中の基本。開発マシンを手で持ちながら働くのはありえない。床でやるのも厳しい。

 最近は棒立ちエンジニアも流行っているらしいんですが、個人的には椅子でダラダラやりたいので普通の椅子と机を買いました。机5000円、椅子4万円なり。

パソコン

 支給品がある場合はそれを使う(しかない)けれども、まあ大抵は自腹で調達。

 デザイン職でないとはいえ、まともな色が出ないような環境では困るし、iOSエミュレーターのこともあるしで、ほぼ自動的にiMacが無難という話に落ち着きます。5K 27インチのやつを買ってきて、いざという時に「今サポートに問い合わせ中で〜」と釈明するためだけにアップルケアをつけて、16GBメモリ x2を自前で突っ込んで… 合わせて25万円くらい? もうちょっとしたかも。

ツール類

 意外と高い道具代。プログラミングが無料でも、プログラミング業にはお金がかかるのであった。

  • JetBrains: 2.5万円/年
  • GitKraken: 6000円/年

 電気代も結構イっちゃってると思いますが、数えていないのでセーフ。

あるといいもの

外部ディスプレイ

 広さは強さだ! ディスプレイは多けりゃ多いほどよし。

 我が家の場合、21インチのクッソ安いモニターを2つ、それぞれディスプレイアームでiMacの横に設置しています。接続するにはアップル純正のコネクタがいるんですが、これがまた高くて… 怪しい品物も試しましたが、接続品質に難ありで無駄な出費と相成りました*1。ディスプレイ1.5万、アームとケーブルで1.5万、それが2セットなので6万ほど。

UPS

 ブレーカーが落ちても雷が落ちても大丈夫なようにUPSを買いましょう。

 家庭用の極めてしょぼいやつであれば、まあ2万円くらいでしょう。それをバッテリー耐用年数ごとに買い換えるので1万円弱/年といったところ。

感想

 結構お金使ってるなあと思いました。

*1:ただし純正品でも現macOSの外部ディスプレイ処理は安定感を欠き、ストレスが大きい。バグ対応もっと頑張って?