電池冷蔵庫

除雪のない世界に行きたい

ドワンゴ・ニコニコの広報方針について

要約

 スケジュールを告知しましょう。

あらまし

 本日3月1日、ドワンゴはニコニコの推奨投稿設定を変更しました。

2018年3月1日(木)より動画投稿時に生成する画質のうち、540p / 480p / 360pのビットレート上限が引き上げられました。

【ニコニコ動画】540p/480p/360p生成時のビットレート上限を引き上げました

 発表時点において、仕様変更はすでに実行済みであります。

 公表時刻は記載がありませんが、ツイートを検索する限り17時付近と推定されます。

 ニコニコ動画の投稿機能は、少なくとも現時点においてドワンゴ1社で完結しうるサービスではなく、投稿者の動画作成から各種支援ツールの設定まで、一連の結びつきにより成り立っている(脆弱な)生態系です。特に画質に関しては、支援ツールが対応しなければ引き上げもクソもありませんドワンゴ関係者は、当然それを知っておるわけです。さにありながら周知期間を設けない時点でちょっと意味が分からないわけですが、そればかりか「6Mbps以上のビットレートエンコードしてから投稿すること」を自ら「お勧め」しているのはさらに滑稽であります。

 一体、現在のニコニコ投稿者のうち何割が当該「お勧め」に従いうるのでありましょうか。そりゃ一体、誰にお勧めしているのですか。なんでそれを半月前に発表できないんでしょうか。

 そこで我々が疑問を抱えてニコニコインフォを拝見しますと、前日2月28日に下記のような不具合が発生しております。

現在、動画の投稿に失敗する不具合が発生しており原因を調査しております。
■ 発生期間 2018年2月28日(水)22時15分頃 〜 発生中

【復旧】動画の投稿に失敗する不具合

 これはもう下種の勘繰りで、まさかとは思いますが、この不具合とはビットレート上限引き上げに伴うシステム改変が引き起こしたバグなのでしょうか?

「先に仕様変更を告知して、そのスケジュールが遅れたら恥をかいてしまう。そこでこっそりと2月28日にシステム変更したうえ、何もかも解決してから新実装の事実を発表した」などという経緯なのでしょうか。もちろん、まさかそんなことは有り得ないと信じたいのですが、残念ながら前日の不具合には原因の記載がありません。この事実を並べてみると、客観的に見てそのような不信感を持たれてもやむを得ない状況を自ら作出してしまっていると言えましょう。

先に言え

 一般論として、ユーザーとの意思疎通を欠き、約束をせず、奇襲的にシステム仕様を変更することは歓迎されません。緊急やむを得ない変更ならまだしも「スケジュール告知して遅れたら恥ずかしいから」などという理由は言語道断です。

 思い起こしてみますと、去年までのニコニコ動画はスケジュールの告知をしていました。告知されたスケジュールがこれっぽっちも守られなかったとしても、少なくとも「約束をして、それを破る」という手順自体は踏んでいたわけであります。

 どうかドワンゴ社におかれましては、仕様変更前に実施スケジュールを告知する体制を採用していただきたいと思います*1

*1:まだ殿様気分が抜けてないようだな?と思いますが記事に書くのはやめておきます