電池冷蔵庫

除雪のない世界に行きたい

Rails -> GitLab CI -> Docker -> GKE -> happy.

…という話を頑張って書いたんですが、原稿が消えたのでリンクだけ貼ります。

 処理本体はシェルスクリプトとして格納してあります。まあ要するに、RailsをDockerイメージに閉じ込めて*1GCPのサービスアカウントでgcloudログインしてからぽちぽちコマンド叩いてデプロイしているだけです。簡単ですね。

 ということで、GitLabなら無料で「productionブランチ更新したら自動デプロイ」な環境が作れますよ。非公開のプライベートリポジトリも無料ですよ。

 GitHubを捨ててGitLab CIライフを始めるなら今!

*1:Railsのコンテナにはnginxもいます。そいつがpumaとソケット越しに文通するシンプルな構造。ただ現状だとロギング未対応なので、そのうち直したい